カパーラバティー

◎カパーラバティー
カパーラバティーとは 頭蓋骨のことで 、頭の中を新鮮にして、頭脳をすっきりと冴え渡らせる浄化呼吸法です。大きく吸って吐く、吸う、吐く、吸うを早く繰り返しますが、吐く息と吸うのは自然に酸素が肺に入って来るのに任せます。この呼吸法をおこなうと、脳みそが活性化するだけでなく、鼻炎など呼吸器系にもいいです。摂食障害のトラブルや便秘や肥満にも効きます。薬指で左の鼻を閉じ、 右の鼻から十分に息を吸い吐くを鼻をかむときの要領で素早く30 回繰り返します。これを左右で30 回ずつおこないます。